mtzq.net [ デイタンソウ | PEAT BED ]

私とは、わたしとわたし自身とのあいだのこの間である。記憶の分有は可能か?test鞘羽をしまう甲虫隠喩としての断片のミルフィーユ袋小路としての半島無理な注文を乞う可笑しさを笑う人生ではじめに学ぶのは自分が馬鹿だということだ。人生で最後に学ぶのは自分がやはり変わらぬバカだということだ。空は青く唇紅く傘さして出かけるストリップよ。あたしはすべての技巧派をケイベツする立場だもん。ベガーズ・バンケット思い出せない夢アサキユメミシエゴイスト人は自分の欲望によって書く、そして私はまだ欲望しおえてはいないのだ。人撰して一人也花の陰文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分でないことの告白である。こうした移行を物化(すなわち万物の変化)と名付けるのだ。物語は受け手の側にある。こぼれおちるものくらげ小母さんさんが磯に泳ぎついた/象が彼女を愛してた因果応報の遠近法目に見えるものは見えないものの投影にすぎない。手紙の形式による夢少しずつ狂ってゆく過酸化マンガン水の夢今流行っているロックは墓石なんだ。ロックは、10億ドルの墓石の商売に成長したこの上の望は目に見えぬものをぬすむことである。樹と 樹を見ること 夢はどちらにあるのだろう記憶の海を漂う夢の断片モンタージュ内またで歩くとき空がひらくわがいほはくちなはとはにからみあひTime Out Of Mindうすばかげろぐじつはむかしのをんなもうずいぶんまえから、私は私ではない。現在の私も 過去の私も/異なるふたつの夢にすぎない科学的アプローチ言葉に躓く難破した話言語の搾取問題私は悪人になりまする、なりたうはなけれどならねばなりませぬ脱進化論としてのシマウマダツタイヌ盥から盥へうつるちんぷんかんぷん夜汽車ゆく光圏来る氷柱去る氷柱フニクリフニクラフニクリフニクラ次々とこわれて行く図柄を図柄とする作品の可能性。作品の破れ目ができ、作品内の時間が作品外の時間とショートして火花を上げるお月様こんばんは物語は受け手の側にある。人生ではじめに学ぶのは自分が馬鹿だということだ。人生で最後に学ぶのは自分がやはり変わらぬバカだということだ。ツヌガアラスト田舎の未来派自己参照ループが検出されました人生ではじめに学ぶのは自分が馬鹿だということだ。人生で最後に学ぶのは自分がやはり変わらぬバカだということだ。いやならいやだと言っていいのだから。あたしが言おう盥から盥へうつるちんぷんかんぷんサイノカワラデロックンロールEXODUS・ニゲロヤニゲロブリコラージュ私たちのなかには 無数のものが生きている直立した姿勢から知覚された世界の類似物ではもはやなく、便宜的に垂直に置かれた情報のマトリックス脳味噌までとろけた脊髄までしびれた人生ではじめに学ぶのは自分が馬鹿だということだ。人生で最後に学ぶのは自分がやはり変わらぬバカだということだ。邯鄲の夢この夢の主は死という名をもっているのではないか地球上で一番やさしい動物自分とはたんに 感覚や思念の 場にすぎないのだ透明のはこが死だといふことも。鬼を出したと思った時は、自身が鬼になっているのです。だから、その鬼に対して済まないと思えばよい。世の中で済まないものを一人でも持っているというのは、幸福なことです。人は自分の欲望によって書く、そして私はまだ欲望しおえてはいないのだ。この夢の主は、死という名をもっているのではないか。部品工場夢喰い虫カルマの円環構造勝てばドイツ人だが負ければ移民高級芸術とマスコミ文化の間の区別の解消をポストモダニズムと呼ぶ自然世界へ立ち返る画像は、通常の直立の姿勢で経験される感覚データを呼び起こすが、それによってルネサンスの絵画平面において垂直性がその本質的条件になっている待つこと忘れること大津絵に糞落としゆく燕かな